格安 スマホ おすすめ

格安スマホは本当におすすめなのか

激安スマホだと1万円以下もあり

格安スマホ

ドコモやau等キャリアでは、基本料金や定額プランなどが最初から組み込まれていますので、当然料金も高くなり、月額6,500円程度からとなります。ですが、激安SIMだと基本料金が500円程度からなので、無料アプリなどを組み合わせて使用すれば、月額500円程度で抑えることが出来るのです。

 

これに使うスマホが激安スマホとなります。
キャリアで購入するソニーやサムスンのメーカー品は20万近くし、分割払いで支払う人が多いです。
スマホ料金と電話料金という形で支払います。一定期間支払うことでやっと自分のスマホになるわけですが、格安スマホの場合は1万円以下でも購入できるスマホもあります。

一万円のスマホ+500円の基本料金からとなりますのでかなり安い金額でスマホが手に入るのです。
 

ですが、激安にはメリットもデメリットもありますので把握しておく必要があります。
ただ、米国なのでは既に激安SIMのシェアがかなり多いのも現状です。

 

 

 

格安スマホのデメリット

  • スペックは期待できない
  • ショップなどでの対面サポートも一切ありません
  • 防水機能などがないので雨天時に壊れやすい
  • オサイフケータイなどスマホの便利なものは出来ない機種がほとんど

 

格安スマホのメリット

  • 安い
  • 邪魔なアプリが入っていないので使いやすい
  • OSアップデートが早い
  • SIMフリーロックなので海外旅行にも持って行ける

 

 

 

SIMフリー端末のおすすめランキング

 

DMM mobile
豊富なプラン&業界最安価格が魅力
thumb_www_af-mark_jp ■DMM mobileおすすめポイント・使い方に合わせて選べる豊富なプラン
・業界最安価格
・DMM会員1200万人
・DMMコンテンツとのシナジー効果 

 

U-mobile
LTE使いたい放題プランを実現
thumb_umobile_jp ■U-mobileおすすめポイント・対応端末ラインナップの多さ
・驚きの安さで使いたい放題を実現
・『U=CALL』で国内通話が半額 

 

Y!モバイル
シンプルな料金体制でわかりやすい
thumb_store_ymobile_jp ■Y!モバイルおすすめポイント・安心のブランド
・料金体制がシンプルなのでわかりやすい
・Yahoo!サービスを使うほど特典が増える 

 


 

OCNモバイルONE
広いエリアで安定して使える
0-85 ■OCNモバイルONEおすすめポイント・利用形態に合わせて毎月自由自在にコースを変更
・郊外でも都心部でも安定的に使える 

 

BB.exciteモバイルLTE
安くて高品質
0-85 ■BB.exciteモバイルLTEおすすめポイント・SIMカードは最大3枚提供
・使いきれなかった高速データ通信量は、翌月に持ち越し
・使いたい時にだけ使える、ON/OFF機能付 

 

格安スマホ

ヌーヴォー・シルク